瀬島龍三と宅見勝「てんのうはん」の守り人
 
鬼塚英昭 著

《大本営元参謀》と《山口組若頭》の黒い関係、日本最大最悪の闇《田布施システム》の秘密を解き明かす!禁断の領域に敢然と挑む、鬼塚ノンフィクション!
現代史の闇──その原点は、「てんのうはん」の誕生にある。「てんのうはん」とは、長州(現・山口県)で天皇のことをいう。長州の多くの人々は「てんのうは ん」が山口県熊毛郡田布施町からの出自を持つことを知っている。この秘密を守るために「田布施システム」が創り出された。瀬島龍三は、この田布施システム の秘密を守るための「守り人」としてその一生を終えたのである。また、田布施システムは明治維新以来、「てんのうはん」の守り人として、ヤクザ組織を大事 に育ててきた。瀬島龍三と宅見勝が日本列島暗黒街道の中で出会い、そして交友関係を続けるのは決して偶然ではなかったのである。
日本図書館協会選定図書

本体価格:1800円(税別)
ISBNコード:978-4-88086-288-0

このぺージのTOPへ ▲
 
金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
 
落合莞爾 著

地球経済を統べる者たちは実在する……ロンドンの金融界にビッグバンが生じた経緯を見れば、世界の金融カジノに隠れオーナーが存在していることが容易に察せられる。それは通貨を創造して通用させ、国家に貸して金利を得てきた勢力、彼らこそが「金融ワンワールド」なのである。金融ワンワールドの正体、そして日本に渡来した分流の歴史……ギリシャ国債の元利が減免され、同国債保有者に支払われた金利は実質的にマイナスとなり、日本から始まった「ゼロ金利」が先進各国に拡散する。日本では最高裁判決により、サラ金がこれまで収奪してきた過払い利息の返還が命じられた。これらはともに、世界権力が国家に、国家権力が個人に介入する「金融社会主義化」の動きである。今後の地球経済を予見するには、正体が分からぬままユダヤとか国際金融勢力と呼ばれてきた「信用通貨創造勢力」の淵源と沿革を知ることから始めねばならない。

本体価格:1700円(税別)
ISBNコード:978-4-88086-289-7

このぺージのTOPへ ▲
 
お金の秘密
 
安西正鷹 著
現役銀行マンがこっそり明かす、お金にまつわる恐ろしい秘密。お金の淵源、お金の魔性、お金の欺瞞……なぜ日本人は、この真実を知らされないのか? マネー奴隷になり果てた日本人の洗脳を解く!
【本書で明かされる、お金の秘密の一部】
●お金を貸して利子を取ればボロ儲けを最初に発見したのは金細工職人
●無から有を生む秘術、お金を無限に創り出す信用創造システム
●銀行の銀行=中央銀行のみが紙幣を発券できる理由...他

本体価格:1700円(税別)
ISBNコード:978-4-88086-290-3

このぺージのTOPへ ▲
 
ロン・ポールの連邦準備銀行を廃止せよ
 
ロン・ポール 著 副島隆彦 監訳・解説 佐藤研一朗 訳
連銀(FRB)こそ、現在の世界金融危機の元凶だ! なぜ中央銀行が諸悪の根源なのか? なぜ中央銀行は廃止されるべきなのか? 全米で大旋風を巻き起こすロン・ポール、日本のマスコミが絶対にニュースにしない、その過激ながらも極めてまっとうな経済論。

本体価格:1800円(税別)
ISBNコード:978-4-88086-291-0

このぺージのTOPへ ▲
 
八百長クライシス
 
鬼塚英昭 著
ユーロ解体、中国バブル崩壊から世界統一政府の誕生へ!鬼塚・八百長経済学が見つけた世界経済・悪夢のシナリオ。世界=経済を支配する怪物たちによる経済破壊はすでに最終段階に進んでいる。アメリカ帝国の崩壊、中国の急成長とバブル破裂、ユーロ諸国を借金漬けにした揚げ句の財政破綻、それらはすべて、積年の構想による八百長クライシスである!


本体価格:1700円(税別)
ISBNコード:978-4-88086-292-7

このぺージのTOPへ ▲

株式会社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-42 TEL:03-3295-1687
Copyright(c)2001 Seikoshobo Co., Ltd. All right reserved.