ヒトラー 第二の書 〜自身が刊行を禁じた「続・わが闘争」〜
 
アドルフ・ヒトラー/立木 勝 訳
テルフォード・テイラー(ニュルンベルグ裁判主席検察官) 解説
ヒトラー第二の自著、日本語初訳!! 『わが闘争』の続編として原稿が完成しながら、ヒトラー自らが刊行を禁じた幻の書。世界大戦の衝動、ユヤダ支配への憎悪……そして、狂気の独裁者は、今日の国際構図までを予見していた!
1945年4月、陥落したベルリン総統府の地下壕で発見された数百万点もの文書から、ひとりのアメリカ軍将校が厳重に封印された原稿を母国へ持ち帰った。その13年後、この極秘文書は、世界征服への青写真を記したアドルフ・ヒトラーの口述原稿であることが確認された。そして、ヒトラー自らが極秘扱いを命じたものであったことも……。ヒトラーがここまで露骨に、世界支配へ向けた自らの青写真を記した文書はほかにない。その狂気の野望を達成する手段として戦争が正当化される理由を叫び、構想実現のためには注意深く構築された同盟政策が必要であると説く。さらに恐るべきは、人種政策への狂熱的な衝動が早くも姿を見せていることだ。ホロコーストの恐怖はここから生み出されたのである。『わが闘争』の続編と位置づけられる本書は、世界に破壊的な影響をあたえたヒトラーの原点を示すものであり、やがて巨大化し、第二次世界大戦を引き起こすヒトラーの歪んだ信念が描かれている。


本体価格:1800円(税別)
ISBNコード:4-88086-165-0

このぺージのTOPへ ▲
 
秘密と嘘と民主主義
 
ノーム・チョムスキー/田中美佳子 訳
この世界がもうほんの少しでもまともであったなら、彼はとっくにノーベル平和賞を受賞していたはずだ……こんな賛辞を受けながら主流メディアの徹底した黙殺に遭った「闘う言語学者」の全米良心派ベストセラーを邦訳。メディア・コントロール問題のさらに深奥に潜む企業権力、その本質を鮮やかに読み解いています。在米翻訳家の平易で絶妙な訳を得て、チョムスキーの一貫した主張の核心を凝縮した発言集。

本体価格:1500円(税別)
ISBNコード:4-88086-166-9

このぺージのTOPへ ▲

株式会社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-42 TEL:03-3295-1687
Copyright(c)2001 Seikoshobo Co., Ltd. All right reserved.